サービスService

ワイヤロープ

近年、運搬荷役作業の合理化に伴ってクレーンの利用度が高まるなか、それぞれの用途に適応するため、クレーンの構造や機能は多様化しています。
ロープは、クレーンの消耗部品であるとの考えから、比較的粗末に取り扱われる傾向がありますが、ロープに対する取扱者の知識の不足や不注意により重大災害にいたった例は少なくありません。
クレーンの機能の多様化にともない、使用されるワイヤロープの特性も目的に応じて厳しくなってきています。
当社では、各用途毎にワイヤロープ在庫を取り揃えております。

用途別ロープ明細

巻上索・横行索6×37、6×Fi(25)、6×Fi(29)、6×WS(31)、6×WS(36)
起伏索IWRC6×WS(31)、IWRC6×WS(36)
支持索(ペンダント)6×WS(31)、IWRC6×WS(31)
 
グラブ開閉索6×WS(31)、6×WS(36)、6×WS(41)
6xFi(25)
IWRC6xFi(25)
6xFi(29)
IWRC6xFi(29)
6xWS(31)
IWRC6xWS(31)
6xWS(36)
IWRC6xWS(36)
SP4xF(40)

クレーン用ワイヤロープ

スーパーコートロープ(東京製綱)

スーパーコートロープは、従来のロープ心の代わりに、樹脂被覆したロープ心を入れたものです。これにより、側ストランドとロープ心との直接の接触をなくし、内部磨耗の防止や断線発生の低減が図れ、ロープ全体の寿命が長くなります。

メリット
  • 側ストランドとIWRC強擦を防止し、IWRCの早期断線を防止します。
  • 耐衝撃性が向上します。
  • ストランドの内部断線(谷切れ)を防止します。
  • IWRCの内部腐蝕を防止します。
効果
  • 一般ロープに比べ、1より間10%断線時までの繰り返し曲げ回数が約20%多くなっているため、廃棄基準までの寿命が長くなります。
  • 外部断線の割合が多く、さらにIWRC断線は非常に少なくなっているため、外観目視点検の容易なワイヤロープとなっております。
  • 特殊ピッチ品と組み合わせることによって耐疲労性が飛躍的に向上します。

(樹脂被覆IWRC)
6×WS(36)

(樹脂被覆IWRC)
6×P・WS(36)

半被覆ロープ(東京製綱)

  • 樹脂充填型ワイヤロープです。長寿命・高い安全性を持ちます。
  • ストランド間に樹脂スペーサを挿入し、ストランド間の強擦を防止することで谷切れ断線を防止します。
  • シーブとの接触面圧を軽減し、山切れ寿命を向上させます。
  • IWRCも樹脂被覆されており、側ストランドやIWRCの接触を防止することで、心接面切れやIWRCの断線を防ぎます。
  • 耐疲労性も従来品の2倍以上と大幅に増大します。
  • 曲げやすく軽量であるため、取扱いも容易です。

タフスーパーロープ(東京製綱)

  • ストランドに異形加工(ダイフォーム)を施したワイヤロープです。
  • ストランド表面が平滑であるので、耐摩耗性に優れます。
  • 通常の丸線ストランドロープと比較して破断荷重が約15%大きく、強力です。
  • 2次曲げがなく、同構成のロープよりも耐疲労性に優れます。
  • ストランドが緻密に撚り合わされているので型崩れがほとんど生じません。
  • ドラム、シーブ、ローラーなどの損傷を軽減します。
6×P・WS(36)
IWRC
6×P・WS(36)
P・S(19)
+39×P・7

非自転性ロープ(東京製綱)

  • ロープに張力が作用した時の回転トルクを軽減されるように設計されたロープです。
  • 高揚程クレーンの巻き上げ索のからみつきや回転等の障害が軽減されます。
  • ストランド数を3~4本とし、ピッチを加減すること回転トルクを少なくした「モノロープ」と、断面形状が円形のストランドを2層以上互いに反対に撚り合わせて多層間のトルクを相殺させる「ヘルクレスロープ」と「ナフレックスロープ」がございます。
3×F(40)
4×F(40)
P・S(19)
+39×P・7

玉掛索用ワイヤロープ

玉掛索はロープスリングとも呼ばれ、物を吊り上げるときに用いられますが、物を固定するときに用いる台付索と異なって、加工するときの差し回数、差し方がクレーン等安全規則219条に規定されています。

玉掛索と台付索とは混同されがちですが、明確に区別して取り扱う必要があります(日本工業規格JIS B 8817参照)。
当社では熟練した1級・2級ロープ加工技能士により、安心してご使用頂ける確実な加工製品をご提供致します。

6x24
6x37

アイスプライス(219条差)

ロープ加工製品にはこのような全日本ロープ加工組合連合会作成の黄色ラベルが付いており加工者の技能士番号(国家検定の合格者に与えられる)が記されています。
このラベルが付いた製品は、ロープ加工の技能を国が検定し証明しています。
アイスプライス加工した玉掛索には、ロープ加工技能士が製作したことを証明する、技能士ラベルのついた製品を御使用ください。

巻き戻し加工
かご差し加工

※ロープ加工技能士については下記サイトもご参照下さい
全日本ロープ加工組合連合会

トヨロック(東京製綱)

東京製綱のトヨロックは最も確実な端末締結加工です。
耐食性強力アルミ合金素管をプレスし、塑性変形させて、ワイヤロープを強力に締結する方法です。
トヨロック製品には、全て「TOYO-LOK」のマークが刻印されており、独自の品質保証をしております。
厳選された素材、優れた加工方法、厳しく品質管理されたもののみがTOYO-LOKマークをつけることが出来ます。
当社ロープセンターはトヨロック製品認定工場として、高品質な製品をご提供致します。

ハイクロスロープ(東京製綱)

  • 強い・軽い・柔らかいを追求した次世代玉掛用ワイヤロープです。
  • 従来の6×24は6×37といった交差よりロープに比べて高い破断荷重を持ちます。
  • 同じ破断荷重のロープに比べてロープ径のサイズダウンと軽量化が可能です。
  • サイズダウンによって柔らかさといった作業性や、コスト面でも優位となります。
  • 従来品と区別するため、心綱を赤くし、更に識別用のチューブが取り付けられます。

柔[やわら] (東京製綱)

  • 玉掛ワイヤー用高強度ケーブルレイドロープです。
  • ストランドをワイヤロープ構成として素線数を多くすることで、一般的なロープに比べて柔軟性に優れます。
  • 素線の高強度化を実現し、従来のケーブルレイドロープに比べて高い破断荷重を持ちます。
  • 柔らかく軽量で扱いやすい特徴を持つほか、曲がり癖が付きにくいので長寿命化が図れます。

ワイヤロープ解線調査

  • 使用後のワイヤロープがどういう状況になっているのかを素線単位まで分解調査します。
  • 短納期で検査結果を出せるため、実際に携われている現場の方々がロープの状態を理解し、交換周期が適切か否かの判断材料としてご利用頂けます。

※検査後、報告書を提出致します。
 仮に断線等があった場合、どの部位の素線に損傷が見られたのかを報告致します。
※本サービスは名古屋営業所限定となります。

報告書(サンプル)
報告書(サンプル)
報告書(サンプル)
報告書(サンプル)

ワイヤロープ診断技術

ワイヤロープテスタ: ワイヤロープ断線検知装置 (東京製綱)

  • ワイヤロープテスタは漏洩磁束法を用いて、使用中のワイヤロープの疲労断線を検出する装置です。
  • 目視点検では確認不可能な内部断線を検出します。
  • 検出器は電源コードを通す必要も無く、最小限の機器調整で正確な測定が可能です。
  • 測定したデータはCFカードにデジタルデータで保存・出力でき、付属するソフトでパソコン上でのデータ解析、管理が可能です。
  • オプションの記録計やオシロスコープ等への接続で、検査現場でも信号波形が確認できます。

REXS: ワイヤロープ寿命管理コントローラ (東京製綱)

  • レックスはワイヤロープの寿命管理コントローラです。
  • クレーンの荷重計からの情報から、ワイヤロープの残寿命回数を算定します。
  • ワイヤロープの負担量を正確に把握することができるので、的確な交換時期を見極めることができます。

SEMSOR: ワイヤロープ総合メンテナンスシステム (東京製綱)

  • 「SEMSOR」は単なるロープの販売だけではなく、ワイヤロープの高度な保守管理を組込んだ新しいビジネスモデルです
  • ワイヤロープの常時モニタリングシステムを中心とした日常管理で、断線等の異常を早期に発見し、その交換時期を見極めます。
  • 監視データの解析や交換後ロープの詳細調査の実施により、ロープの正確な寿命やロープの最適化等、お客さまに有益なさまざまな提案をいたします。
SEMSORの特徴
  • 常時モニタリング、実機巡回診断によりロープの状態を常に把握
  • 定期点検、交換時期のスケジュール化が可能
  • ロープの寿命延長によるコスト削減
  • ロープに関する業務負担からの開放

ワイヤロープ関連商品

ステンレスロープ(神鋼鋼線工業)

  • ステンレスロープは耐食、耐熱、耐低温性に優れた特性を持っております。
  • 鉄鋼、化学、電力、自動車、船舶、原子力などの各方面のみならず、環境関係機器、レジャー用、装飾用として社会の各分野に広く使用されております。

ケーブルグリップ(神鋼鋼線工業)

  • ワイヤロープの引き出しや、連結、ケーブル架線工事、地下ケーブル工事などに使用されます。
  • 取扱いが簡単でロープやケーブルに迅速に取り付け、取り外しが可能です。
  • 柔軟なソックスを構成しており、作業上安全で特別な工具は不要です。

ワイロール[補給用グリース] (東京製綱)

  • ワイロールは東京製綱が開発したワイヤロープ補給用グリースです。
  • グリースの補給はロープの耐摩耗性の向上や腐食、疲労などの進行に対して著しい効果を持ちます。
  • ワイロールはロープへの補給に必要とされる全ての特性を持ち、様々な使用環境や条件にマッチした製品です。
  • 使用環境や特性に応じて用途が分類されます。
    • 標準型:ワイロールR-M 、ワイロールB-M など
    • 粘着型:ワイロールG-L など
    • 低温型:ワイロールLT
    • 高温型:ワイロールHT
    • 油膜沈降型:SP-6
    • スプレー型:ワイロールエアゾールR(画像の商品)など

ワイヤーソケット[TSK型] (東京製綱)

上:TSK O-16 ソケット
下:JIS O-16 ソケット
  • ワイヤロープの端末固定方法には様々な種類がありますが、重要な用途あるいは長期使用箇所では最も確実な方法としてソケット加工があります。
    ワイヤロープ用ソケットは「船用ワイヤソケット(JIS F3432)」として規格化されておりますが、その用途および対象ロープは限定されたものであります。
    この課題に対して東京製綱が開発した「TSKソケット」は用途を明確化するとともに、強度保証と画期的な軽量化が図られております。
  • ソケットの種類はワイヤロープの破断荷重により、標準型と強力型に分類し、各々の型式にクローズ型(C形)とオープン型(O形)があります。
  • 当社では、ロープ加工技能士によるワイヤロープへのソケット取付加工が可能です。

鍛造KTクリップ (コンドーテック)

  • JIS規格F型のワイヤークリップです。
  • 生地とドブメッキ製があります。
  • ワイヤクリップは正しく取り付けて下さい。正しい取付け方法・適正なトルクで締めつけられた場合で保持効果は80%です。

ワイヤロープ技術資料

ワイヤロープの技術的な資料集です。

ワイヤロープ損傷写真集-管理および取替時期判定のための参考-

ワイヤロープは法的な取替基準を元とし、使用期間や仕事量などの過去の経験を勘案して取替えが行われますが、適切な取替時期の判定は困難な作業であります。
本冊子は使用後のロープ、あるいは事故を起こしたロープの残存性能を知るために行った試験結果を抜粋したものです。安全に、経済的に、ロープ管理を行うための参考となるものになっております。

ワイヤロープ入門(東京製綱)

様々な分野で使用されているワイヤロープは外観上、どれも同じに見えますが、それぞれの使用条件に適したワイヤロープがあります。
ワイヤロープを選定したり、また管理していくためには、ワイヤロープの構成、特性を理解して頂く必要があります。
本冊子はワイヤロープの入門書として作成されたもので、ワイヤロープを安全かつ経済的にご使用いただくための基礎について説明がされております。

クレーン用ワイヤロープ(東京製綱)

構造や機能が多様化するクレーンに使われるワイヤロープの特性もその目的に応じてシビアなものになってきております。
本冊子は「クレーン等構造規格」及び国際規格「巻上装置用ワイヤロープ-点検と廃棄の実施規定」の趣旨に沿って、クレーン用ワイヤロープの解説がされております

クレーン用ワイヤロープ-特性、損傷と対策、点検と廃棄-(日本鋼索工業会監修)

ワイヤロープの能力は正しく使用された場合に十分発揮されるものであり、使い方が適切でない場合は、重大事故に至ることがあります。
ワイヤロープを正しく利用するためには、特徴、特性、損傷とその対策等について十分理解しておくことが大変重要です。
本冊子は日本鋼索工業会が、ワイヤロープが最も広範囲に使用されるクレーンについて解説しております。

ワイヤロープの手配指針/廃棄基準(日本鋼索工業会監修)

ワイヤロープを使用する場合は正しい知識を持って管理することが必要です。
本冊子は日本鋼索工業会が、ワイヤロープに損傷を生じたか、あるいは廃棄基準に達して取替の時期に至る前に、このような状態になれば点検の頻度を増やすべき、また交換用ワイヤロープを手配するべきといった損傷の度合いを明確にし、これを「手配指針」として解説をしております。
また、法規及び実使用での統一的な「廃棄基準」を作成しており、ワイヤロープの保守管理に役立てるものとなっております。
「手配方針」「廃棄基準」とも、実例写真を用いてわかりやすいものになっております。

玉掛索の正しい取扱い方(日本鋼索工業会監修)

玉掛索は用途や性質から消耗品として扱われ、管理面が軽視されるケースが多く見られます。
また過去の経験や勘に頼って玉掛け作業を行う場合もあり、「安全上の弱点」が多く潜んでおります。玉掛索に関係する労働災害は安全係数の不足や損傷劣化による強度低下など、ワイヤロープそのものに原因があるものと、玉掛け方法が不適切であったことによるなど、作業に原因があるものとに分類されます。
本冊子は玉掛け作業を行う現場の方たちの実践的な玉掛作業指針として、また、その管理や点検にあたる方たちにも日常愛用されるように、日本鋼索工業会がまとめたものです。

ワイヤロープの正しい継ぎ方 アイスプライス法(東京製綱)

ワイヤロープを機械や部品に取り付ける際の最も簡便な方法であるアイスプライス法について、加工手順の一つ一つを写真付きで解説をしている冊子です。
「クレーン等安全規則」の第219条に規定されているアイスプライス法の解説がされております。

ワイヤロープの正しいソケット加工法(東京製綱)

ワイヤロープの端末加工の中で最も安全性の高い方法がソケット加工です。
しかしながら、作業手順や加工法を正しく安全に実施することによってその安全性は保証されるものであることは言うまでもありません。
ソケット加工法についてはJISの「鋼索鉄道用ワイヤロープとロープソケットの定着方法(JIS E9210)」が唯一の規格ですが、これは鋼索鉄道を主体とした規格であるとともに加工法の細部については説明されておりません。
本冊子では、東京製綱の長年の経験と実験効果から、その細部を含めたソケット加工法について、一つ一つの手順を写真付きで解説をしております。

ワイヤロープの補給用グリース(東京製綱)

東京製綱製ワイヤロープの補給用グリースである「ワイロール」について解説された資料です。
機械や装置の運転に潤滑油が欠かせないものであるように、ワイヤロープにもグリースの補給を欠かすことはできません。しかし、現実には補給を怠ったり不適当なグリースを補給している例が多く、そのためワイヤロープを短命にしたり、時には切断による重大事故を惹き起す原因にもなっています。
グリースの補給はワイヤロープの保安上からも寿命延長という経済上からも重要な意義がありますが、ワイヤロープの用途は多種多様でかつ四季を通じて使用されるので適正な補給を行うことはなかなか困難です。
本冊子では適正なグリース補給の一助とするため、グリースの種類・特性・補給法・使用例について説明がされております。

ワイヤロープの取扱い方と選択(日本鋼索工業会監修)

本冊子は、ワイヤロープの基本的事項から、ユーザー様から問い合わせの多い、ワイヤロープの弾性係数や可とう性、自転特性等について詳しい説明がされております。

ワイヤロープの正しい使い方(東京製綱)

ワイヤロープの構造や使い方を理解して頂くための冊子です。
より平易な内容となっており、ワイヤロープの基礎に関してわかりやすく理解をすることができるようになっております。